ボトックス治療で理想の自分を目指す【コンプレックスの解消に活用】

専門医が在籍する病院

カウンセリング

18歳以下は承諾書が必要

ボトックス注射は、簡単な施術でコンプレックスが解消できると人気の施術です。しかし、簡単に受けられるからこそ、気をつけるべきポイントがいくつがあります。まずは、施術を受ける病院選びです。多くの美容外科やクリニックで施術を受けられますが、できればボトックス専門医が在籍しているところを選ぶのがよいでしょう。ボトックスは注入する位置や量など、微妙な違いで仕上がりに違いが現れる施術です。専門医として認定されており、施術実績の高い医師に施術してもらうのが一番です。次に、ボトックスの施術を受けた後は、飲酒や運動、入浴など体を温める行為は避けましょう。ボトックス製剤は熱によって効果が薄れるという特徴があるため、体温が上がることで思うような効果が現れなくなる可能性があります。顔のマッサージも、血行を促進して体温をあげるだけでなく、製剤を分散させて効果を薄めてしまいます。施術を受けた当日は普通の日常生活を送っても大丈夫ですが、できるだけ安静に過ごすのが賢明です。ボトックスの施術を受ける時は、美容皮膚科やクリニックなどで申し込めます。ホームページの申込フォームに記入して送信するか、電話で申し込むか、直接クリニックに申し込みに行く方法があります。まずはカウンセリングを受け、施術の方法や効果、副作用などについて説明を受け、納得してから申し込む形です。申し込みに必要な書類は運転免許証やパスポートなど身分を確認できるものだけで、保険は適用されないので必要ありません。18歳以下の人が申し込む場合は、保護者が一緒にカウンセリングを受けるか、承諾書の提出が必要です。事前に用意しておきましょう。注射だけなので特別な準備はいりませんが、内出血のリスクを避けるためにも、施術前に運動したり、飲酒をするのは避けるのが賢明です。前日はしっかりと睡眠をとり、万全な体調で挑むのがベストです。また、ボトックス製剤は胎児への影響が懸念されるため、妊活中や妊娠中の人は施術を受けることができません。申し込みの際に妊娠の有無を聞かれたら、正直に答えるようにしましょう。

Copyright© 2018 ボトックス治療で理想の自分を目指す【コンプレックスの解消に活用】 All Rights Reserved.