ボトックス治療で理想の自分を目指す【コンプレックスの解消に活用】

筋肉を弱めて小さくします

カウンセリング

負担の少ない方法です

ボトックス注射はもともと眼瞼けいれんや片側顔面けいれんなどの治療目的で使われてきた信頼性のある治療方法です。ダウンタイムが少なく、深刻な副作用のリスクもないので、安心して受ける事ができるのがメリットです。しかしごく少数ですが、人によっては注射部位に腫れや内出血などの症状が生じたり、頭痛が起きたりするケースもあります。これ等の殆どが一時的なものであり、数週間で消失してしまうので気にする必要はありませんが、主治医に相談すれば直ぐに対処してもらえます。そして中には表情に違和感を覚えたり、不自然な表情となったりする場合があります。できるだけ副作用を抑え綺麗な仕上がりとする為には、豊富な臨床経験を持つ医師による施術を受けるのが理想です。そして腕の良い医師が在籍する優良な医療機関は、利用者の評判も良いものです。病院選びで迷ったら、口コミサイトの評価や人気ランキングサイトの順位を参考にするのも得策です。日頃から評判の良い病院なら安心してボトックス治療を任せられます。ボトックスはしわのある部分に注射をするだけで簡単に解消できる夢のような美容医療として知られています。しかし実際には、どのような作用でそのような効果が得られるのか、あまりよく知らない人も大勢います。施術を受けるにあたり、ボトッツクスについて正しい知識を得ることで、余計な不安を感じることなく適切な施術を受けることができます。まずは、ボトックス自体が顔のしわに直接作用するわけではありません。しわやたるみは、表情を作る筋肉が何度もくり返し動くことでつくり出されていきます。更に筋肉が発達し過ぎることでフェイスラインにも影響が出てきます。ボトックスで使用される薬剤の成分は筋肉へ伝わるアセチルコリンという神経伝達物質の放出を抑制して筋肉の働きを弱めてくれます。その結果、しわやたるみが目立たない顔にすることができるのです。しかしこの効果はいつまでも続くわけではありません。長くとも4ヶ月位が限界とされているので、効果が薄れてきた所で再び注射をすれば、いつまでも状態を保つことができます。

Copyright© 2018 ボトックス治療で理想の自分を目指す【コンプレックスの解消に活用】 All Rights Reserved.